不動産売買時の仲介手数料とは?

不動産会社に払う仲介手数料って何?あれこれかかる諸経費について

マイホーム購入時には物件代金以外にもさまざまな諸経費がかかります。今回は住宅を購入する際に仲介会社が間に入った場合に支払う仲介手数料についてお話したいと思います。

電卓+人 写真

仲介手数料3%+6万円の「6万円」って何?

仲介会社に支払う仲介手数料には宅建業法で、(価格×仲介手数料3%+6万円)+消費税が上限、と定められています。 例えば3000万円の物件の場合は (物件価格3000万円×仲介手数料3%+手数料6万円)+消費税8%=仲介手数料103万6800円 となります。 ここで気をつけて頂きたい事は消費税は別途かかってくる事をご注意ください。消費税8%⇒「10%」になればその分も勿論かかってきます。

 ただしこれは「速算式」と呼ばれる計算方法です。本来なら、200万円以下が5%で、200万円を超えるのが4%で、その残りが3%で、全部たして、消費税は8%で。。というちょっと面倒な計算方法を簡略化したものになります。 では先程物件代金3000万円の場合で再度計算したいと思います。

3000万円の絵

上の合計は103万6800円となりますが、これを先程の3,000万円×3%+6万円で計算しても、答えは同じく103万6800円となります。つまり、この「6万円」は仲介会社が沢山手数料を貰おう!!っという事ではなく正規の金額の一部という事です。この速算法は、売買金額が400万円以上の場合に有効です。

400万円未満の場合の仲介手数料は?

家族の絵 先程ご説明した速算法は400万円以上の場合の計算方法になります。 400万円未満の場合は □物件代金200万円超400万円以下の場合⇒物件代金×4%+2万円 □物件代金200万円以下の場合⇒代金額×5% となります。今住宅購入予定の方も是非一度諸経費がどのぐらいかかるのか一度計算してみることをおすすめ致します。契約した後に諸経費の金額にびっくり!!っとならないためにもです。最後までお読みいただきありがとうございました。いかがでしたでしょうか?ざっくりとはわかったけど実際どうなの??他の諸経費ってどのぐらいかかるの?など質問がありましたらお気軽に当社アイエー住宅販売までご連絡下さい。営業スタッフがお客様の物件金額等に合わせわかりやすく説明いたします。勿論400万円未満の物件も多数取扱しております。ご相談は無料です。ご予約頂きご相談にいらして下さい。