狭山市ゆかりの源義高について学んでみませんか

こんにちは、営業事務の寺島です。今日は雨がぽつぽつと降ってきたので、朝車で通勤しました。ふと見ると、車のフロンドガラスが粉っぽい・・・。花粉なのか黄砂なのでしょうか。そう言えばニュースで16日夕方、前橋で黄砂が観測されたと聞いたのでもしかしたら黄砂かもしれませんね。関東で黄砂が観測されるのは今年初めてのことだそうです。しばらく車の洗車に追われますね(> <)花粉と黄砂対策にマスクもして下さいね!ところで、がらっと話は変わりますが、歴史に関心はありますか。今日は狭山市ゆかりの源義高に関することをお話したいと思います

727531

源義高とは

源義高は11才で木曽義仲と敵対する源頼朝の人質となり鎌倉に連れてこられました。源頼朝と北条政子の間にできた大姫と仲睦まじく暮らしていましたが、翌年義仲が頼朝の軍勢に討たれると身の危険を感じ、寿永3年(1184年)4月21日早朝に鎌倉を出て、武蔵嵐山の大蔵館を目指し鎌倉街道を沿って府中・所沢を過ぎ、入間川の八丁の渡しに出た時、しかし、数日後、頼朝の追ってにより入間河川で捕まり、斬首され12年の生涯を終えました。その一部始終を見ていた里人が亡骸を埋めて塚を築き、ケヤキの木を植えたと言われています。その後北条政子の庇護により、社殿が築かれ清水八幡宮と崇め、自ら入間川の地に来て供養し、神田を寄進しました。度重なる暴風雨や洪水で当時の社は跡形もなくなり、場所も現在では、はっきりせず、現在は狭山市入間川3丁目35番付近であろうと思われます。清水八幡は市指定文化財で、毎年5月第3土曜日に大祭が行われます。この悲話は八百有余年にわたり入間川の里人から語り継がれたそうです。この機会に義高の歴史をもっと深く学んでみませんか。

 

イベント①郷土の歴史文化講習会 清水冠者義高をめぐって 

講師:大野 松茂 氏

会場:狭山市中央公民館(市民交流センター3階)

日程:4/21(土)13:30~15:30

定員:70名

お問い合わせ:狭山市中央公民館(04-2952-2230)

IMG_7612

IMG_

イベント②義高の鯉のぼり2018

日程:4/29(日)11:00~

義高の鯉のぼり 開会式式典 入間川左岸 河川敷中央公園

4/29~5/5(土)の10:00~16:00

鯉のぼり掲揚、模擬店、紙芝居、ゲームなど実施されます。

 

イベント③入間河川から大蔵館へ義高の想いを果たそう 義高ウォーク

市民プロジェクト「義高の鯉のぼり実行委員会」では義高の無念を果たそうと逃げ切りたかったであろう残る道のりを歩きます。義高の想いを考えながら歩くのはいかがですか。

開催日:5月4日(金)みどりの日

集合:8:00(出発 8:30)

     狭山市駅西口市民広場

目的地:大蔵館跡 全行程 約30m

参加費:1000円(資料・保険等)300円(小中学生)

申込先:吉岡 勇三 様 04-2953-5704

途中リタイヤ可能地点:JR川越線 武蔵高萩駅・東武越生線 西大家駅 東武バス 鳩山バス停

 

是非、イベントに参加して狭山市ゆかりの義高について学んでみるのはいかがですか。

期間中、今の所お天気は良い予報です。気をつけていってらっしゃいませ(^O^)♪