団地をリフォームして低価格でオシャレなマイハウスへ

こんにちは!ちびっこ店長です٩(๑òωó๑)۶年が明けてもう1ヶ月経とうとしています。早いですね~。今年はお餅の食べ過ぎをやめ、正月太りは免れました(*´﹃`*)笑 みなさんは今年も目標はもうお考えになりましたでしょうか?私は年末にいろいろ考えていたのですが、最近追加したことがあります。最近の大雪の日に感じたことから、目標へ追加になったのですが、つい最近の大雪の日、住んでいるアパートの駐車場で私の車がスリップしてしまい、移動できなくなってしまったのです。スコップでタイヤの周りを雪かきをしたり、いろいろ試しましたが、全然ダメでどうしようかなと泣きそうになっていた所、お隣に住んでいる方が車で引っ張ってくれたのです。そしたら、車が動き無事駐車出来ました。大雪の中、寒いのにもかかわらず、助けてくださったお隣の方に感謝でしかありません。私もそんな助けられる人になりたいと、年始めに思った目標でした。笑 あまり仕事以外でこのような機械がないので、改めて人に助けてもらうだけではなく、助ける側に回れるような人になりたいなと感じました。

そんな年明けの私のエピソードはここで終わりとして、数年前から人気なのが、団地リノベーション!!若者層からの人気が強く、今では本も出版されていますね。今回は『団地リノベーション』をご紹介したいと思います。

団地

『団地リノベーション』狭山市には宝の団地がたくさん

皆さんは「団地」という言葉に、どういったことを想像しますでしょうか。懐かしい昭和の香り、家族やご近所との親しい人間関係、広い共有敷地。意外と好印象だと思います。悪いイメージとしては、古そう、エレベーターがない、狭そうなどがあるかと思います。では、悪いイメージや欠点が無くなるととっても素敵なお家に返信するのです。

団地のマイナスイメージ

近年の団地が抱えているマイナス面に思いを馳せる人もいると思います。1960年代から1980年代にかけて各地で団地が建設・供給されましたが、それから約50年が経ち、建物の老朽化が進んでいます。近年、日本の人口減少を背景に若い世代が入居せず、住人も高齢化しています。実際多くの団地が膨大な空室を抱えて過疎化している現実があるのです。

『団地を再生?』リノベーションをして自分達らしく

皆さんはお家を買おうとするとまず、マンションか戸建で迷われる方が多いと思います。ただ住宅を買うとなると、金額が多額になりますので、なかなか進むのに戸惑うと思います。

そこで、団地が人気になってきている理由としては安い!広い!ということ。それとリフォームをすることで自分好みの間取りと設備がいれられるメリットがあるからなのです!

どんな『団地があるの?』

団地は狭いイメージがある方もいらっしゃると思います。

マンションと団地の広さの比較⇛マンション:65~90㎡・団地:48~73㎡

団地も意外と広い物件が多いのです!間取りはマンションと変わらず2LDK~3LDKが一般的になります\(^o^)/

新築マンションを買うとなると2,000万円以上しますが、『団地リフォーム』ですと、500万円+リフォーム費用(300万~800万円)=800万~1300万円で新品のお家に住めるのです!

オリジナル団地

1から間取り・設備となると自分好みにカスタム出来ますので、満足度は高くなります。

もちろんお金がたくさんあれば、駅からすぐ近く、高層階と満足度がより高いですが、月々の支払いを抑えて、将来設計をと考えると高額すぎるのは、やはり怖いですよね・・・。設備の中でもお風呂・キッチンはピンからキリまでタイプ・金額があります。リフォームを行う上で、広いキッチンが理想!お風呂でゆっくりしたい!お客様好みでカスタマイズ出来るのは理想的であり、金銭面でも現実的と言えます。