アジアグループ 協賛活動のご案内 ~トライアル 野崎史高選手~

皆さんこんにちは!営業事務の藤本です。昨日は少し肌寒い気温でしたが、今日は暖かいですね(^^) …風は強いですが(笑) これから雨が多くなっていくと同時に、夏も近づいてくるので、ジメジメとした気候になりそうですし、少し憂鬱になってしまいそうです… 雨がシトシト降っているのは好きなのですが、湿気が多いのは嫌ですね(´・ω・`) 季節の変わり目ですので、体調を崩されてしまう方も多いと思いますが、 皆様も気候の変化には気をつけてお過ごし下さい(^^)

 

トライアルの野崎史高選手が雑誌の表紙を飾りました!

さて、本日のコラムですが、本社から弊社の協賛活動に関連したお知らせが来ましたので、皆様にもご紹介したいと思います。5月24日に発売されたオフロードバイク雑誌「ダートスポーツ」2018年7月号にて、弊社が協賛致しております、トライアルの野崎史高選手が表紙を飾りました!野崎選手が着用しておりますウェアやヘルメットに、アジアのロゴを入れて頂いております。 また、誌面でも野崎選手の特集が組まれていますので、雑誌をお持ちの方はぜひ確認してみてくださいね(^^)

トライアル野崎選手 掲載雑誌

トライアルって何?

恥ずかしながら私、今回このお知らせが本社からきて、初めてこの協賛活動を知りました… そしてトライアルという競技があることも初めて知りました_| ̄|○ まだまだ勉強不足の下っ端です(笑) が、自社の活動のことを知らないのも恥ずかしいので、自分なりに調べてご紹介がてらまとめて行きたいと思います٩(๑òωó๑)۶

トライアル (Observed trials, Motorcycle trials) とは、高低差や傾斜が複雑に設定されたコースを、オートバイに乗ったままで走り抜けることができるかを競う、オートバイの競技です。予め定められた競技時間内に、通常10~15あるセクションと呼ばれる採点区間を2~3回走行し、セクション毎に0~5点の範囲で減点を行います。セクション通過中に足を1回つく1点減点2回つく2点減点3回以上つく3点減点になります。指定されたセクションのエリアを飛び出したり転倒した場合や足をついた状態でエンジンを停止させた場合、各セクションの通過持ち時間以内にセクションを通過出来なかった場合、セクション内で車両がバックした場合、セクション通過を放棄した場合は5点減点となります。セクションを減点0で通過することをクリーンと呼びます。また、定められた競技時間内に全セクションを通過してゴールに到着できなかった場合、ゴールした時点での超過時間に応じたタイムペナルティが減点に追加されます。こうして、全セクション終了時点で、減点が一番少ない者勝者となります。

野崎史高選手について

野崎史高選手は、埼玉県比企郡小川町出身のオートバイ・トライアルライダーです。幼少の頃からお父様の影響でトライアルに親しまれて来られたそうです。自転車トライアルの世界選手権10歳以下クラスで2年連続でチャンピオンに輝く、オートバイに転向後は全日本史上最年少記録を次々と塗り替えるなど、幼少期から数々の成績を残されています。

野崎選手は今週末の6月2日~3日にツインリンクもてぎで行われる「2018年 FIMトライアル世界選手権 第二戦 ストライダー 日本グランプリ」にも出場されますので、応援よろしくお願いします!

 

アジアグループの協賛活動は多岐に渡りますので、折に触れてご紹介していければ、と思います。今後ともアジアグループをよろしくお願い致します。