ちょこっと異文化交流 その②

こんにちは!営業事務の藤本です。先日もテレビを見ていたら、女優の米倉涼子さんが「スペイン人になります!!」と宣言されてました(;^ω^) なんでもアルゼンチンタンゴのレッスンを受けているそうで、その仲間がアルゼンチニアンばかりらしく、指導もスペイン語混じりなのだとか… だからスペイン語を勉強してアルゼンチンタンゴに対する理解も深めていきたい、みたいなお話でした。スペイン語を母国語として話す人はたくさんいるので、いろんな人と話せるようになったら楽しいですよね♪ この番組では「スペイン語を母国語として話す人口は、中国語についで2位」となっていましたが、ネットで調べると英語が2位でスペイン語が3位となっていました… どっちだ(笑) それはさておき、番組内で「2018年は日本とスペインが国交樹立を迎えて150周年目になる」という話がされていました。…150周年⁉ カナダは去年建国150年だったよ(;´Д`) 歴史長いですものね、スペイン… 建国時期も諸説あるんですって、スペイン…_| ̄|○ ちなみに日本とカナダの国交樹立は今年で90周年ですよ~!📣

 タンゴ

「住まいと音」

カナダで生活していた時、隣の部屋の物音がはっきり聞こえてきてすごい気になりました(´・ω・`) カナダって壁が薄い建物がけっこう多いみたいなんですよね… 値段にもよるのかもしれませんが(笑) 語学学校で知り合った友人から、「壁と天井の境目に隙間があってホームステイ先を変えた」とも聞きましたし、作りがあまい建物もあるようです(TдT) 日本ではどうか、というと、さすがに壁と天井がくっついていない事態はなさそうですが、壁が薄いことに悩まされている方はいる模様φ(..) そうでなくても音楽など、大きな音が出るような趣味をお持ちの方はご近所の耳が気になること、ありますよね(;_;) そんな訳で今回は「住まいと音」についてお話していこうと思います!

耳をふさぐ女性

壁が薄いって何?

集合住宅など、隣の部屋の音がよく聞こえてしまう物件ってありますよね(・д・) カナダにいた時、隣の部屋の住人の鼾に悩まされたこともありました┐(´д`)┌ まあこの場合は普通に壁が薄かったから起きたことだと思いますが(笑) 寮に入っていたのですが、その寮は町で一番古い建物だったようです。実際にどうなのかまではわかりませんが、確かに古い建物でした… シャワーを浴びていたら水が出てきたことも数回ありましたしね(´;ω;`) さて、日本の場合ですが、柱の両サイドに板を貼り付け、その間に断熱材などを入れたものが一般的です。しかし、板と板の間に何も入れずに空洞のままの物件や、中には壁が板1枚でできている物件もあるそうです(゚д゚)!こうした物件は隣の部屋に音が伝わりやすくなってしまっています(-_-;)

疑問

対策方法は?

気軽にできる対策としては家具の配置を変えるのがオススメですよ(*^^*) どっしりとしたもの、例えば棚などを音が気になる方面に置くと、音を抑えることができますし、逆に振動のするものは壁から離してあげたほうが、お隣さんには良いです。振動のするものは防振シートというものもあるので、それを使ってあげるとより良いかもしれませんね… 音の正体って振動ですしφ(..) あとは防音グッズを購入する、という手もございます。カーテンや壁に貼るパネル、マットやカーテンなど、様々なグッズが某通販サイトでも見られました!

ただ、ご自分でやる、となるとどうしても不安な部分が出てくると思います。しっかり防音をしたい、とお考えの方の為に、次回は防音に関するリフォームについてお話させていただきますね٩(๑òωó๑)۶ それではまた次回(^^)/~~~