狭山エリアのマンション、戸建の売却はお任せください。

SAYAMA-KAITORI

不動産の売却には2通りの方法があります。
「不動産の知識があまりなくて…相談に行く前に少しでも知識をつけたい…そんな方の為に!下記記事をご用意致しましたので、是非ご活用下さい。」

買取り or 仲介(媒介契約)

当社ではお客様のお話を伺った上、希望とニーズに合わせた売却方法のご提案をさせて頂きます。

買取り」での売却方法

ご希望の不動産を査定し、現金で買取りいたします。 査定からお支払いまで最短で3週間程度で完結。

こんな方にオススメ

・住み替え等で即売却をしたい方

メリット

・とにかく早く現金化出来る。
・買主がプロの不動産屋の為、安心の手続き。

「 仲介」による売却方法(媒介契約)

当社が物件をお預かり管理し、売り出し、物件の買い手 を探します。広告費用は当社が全面負担、お客様負担は1円もございません。 買い手が見つかるまでには時間を要する為、買取りと比 べお手元に現金が入るまでには時間がかかります。 当社でお預かりした物件に買い手が見つかるまでの平均 期間は3ヶ月〜となっています。

こんな方にオススメ

・時間はかかっても良いので一円でも高く売りたい方
・物件が売れてから引っ越したい方

メリット

・買取りの場合と比べ高く売れる場合がある。
・居住中でも売り出しを行える。

仲介で売却を依頼する「媒介契約」について。

媒介契約とは、不動産屋に物件の販売を任せる為に締結する契約となります。「媒介契約」には3つの種類があります。

  専属専任媒介契約 専任媒介契約 一般媒介契約
他社への重ねての媒介依頼
自ら探した相手方との直接契約
契約の有効期間 3ヶ月以内 3ヶ月以内 法律上の制限は無い
指定流通機構への登録 媒介契約締結の日から5日以内 媒介契約締結の日から7日以内 法律上義務は無い
業務処理状況の報告義務 1週間に1回以上 2週間に1回以上 法律上義務は無い
特徴 専属専任媒介契約は依頼者( 売主や貸主)が、他の宅建業 者に重複して依頼することがで きないと同時に、依頼した宅建 業者が紹介する相手(顧客)以 外の人とは取引できない媒介契 約をいいます。いわば、依頼し た業者に全面的に任せるもので す。依頼を受けた業者にとって は、他の業者による横取りの心 配がなく、依頼者が自分で取引 相手を見つけてしまう可能性もな いので、宣伝活動等の投資や 努力が無駄になることはなくなり ます。一般媒介契約より積極的な努力 が期待できます。 専任媒介契約は依頼者(売主 や貸主)が他の宅建業者に重 複して依頼できない媒介契約 をいいます。ただし、依頼者 は自分で取引相手(顧客)を 探して取引することは可能です。 依頼を受けた業者にとっては、 依頼者が自ら取引相手を見つけ てしまう可能性はありますが、一 般媒介契約の場合と異なり、他 の業者に取引を横取りされる可 能性はありません。そのため、 宣伝活動等の投資や営業活動 の努力が無駄になる確率は低く、 それだけ積極的な努力が期待で きます。 一般媒介契約は依頼者(売主や 貸主)が複数の宅建業者に重複 して依頼できる媒介契約をいいま す。依頼者は、1業者に限定す ることなく媒介を依頼でき、また、 自ら取引相手(顧客)を探して売 買や賃貸借契約を結ぶこともでき ます。この契約には、当初依頼 した業者に対して、重複して依頼 した他の業者に関して、明示する 義務があるもの(明示型)と、明 示する義務のないもの(非明示型 )とがあります。依頼を受けた業 者にとっては、他の業者に対して 独占的にその取引の媒介業務を 行うことはできませんが、業者間 で物件情報を共有することで、物 件を探している顧客に対しては、 幅広い情報の中から紹介できると いうメリットがあります。

なんとなく仕組みはわかったけど…..結局どの契約を選んだら良いの?と思われる方が大半だと思います。

当社としてオススメしているのは「専属専任媒介契約」となります。

例えば、一般媒介契約で複数の会社にお願いした方が直ぐに買い手が見つかるのでは?と思われる方も居ると思います。ですが、その答えは「NO」です。複数の会社が売りに出している物件に対し、広告費を払おうと考える会社はありません。そうなると、広告を出さず売れるには「巡り合わせ」「タイミング」等の「運」が重要となり「運」を逃せば延々と買い手が見つかりません。よって、率先して売り出して貰うには広告費を惜しまずに出して貰える「専属専任媒介契約」が一番有益であり、広告費を使って貰い難い「一般媒介契約」はオススメできません。
つまり「専属専任媒介契約」は、他社に利益を横取りされる事なく売買が出来る。と言う点から「是が非でも売りたい物件」になり、販売を任された不動産屋は広告費を惜しみません。インターネットに物件を掲載、新聞折込チラシに掲載ありとあらゆる手法を使い広告宣伝を行い、販売活動を行います。広告活動が盛んな販売活動であればその分買い手が見つかる確率も高くなります。以上の理由から当社では、販売会社とお客様の双方の利点を考えて「専属専任媒介契約」をオススメさせて頂いております。もちろん、時と場合によりその限りではありません。ですから、まずは無料相談からスタートしてみては如何でしょうか?

売却にかかる費用は?

・物件の見積もり 無料
・広告宣伝費   無料

買取の場合

・特にございません。

仲介の場合

・状況に応じて「リフォーム」のご提案や、「古家の解体」のご提案等をさせていただく場合がございます。
・売買が成立した場合にのみ「仲介手数料」を頂戴致します。詳しくは仲介手数料の説明ページをご覧下さい。

 


以上が簡単に売却についての基礎知識でした。更に深い疑問や、不安などはやはり不動産のプロと直接話をして1づつ解決する事をオススメ致します。まずはお気軽にご相談お問い合わせ下さい。また、お見積もりをご希望の際は下記フォームに必要事項をご記入の上送信をお願い致します。

 

見積もり依頼フォーム

お名前 (必須)
メールアドレス (必須)
電話番号 (必須)
住所/現在のお住まい (必須)
住所/査定希望の物件 (必須)
敷地面積 (必須)
延床面積 (必須)
マンション名
築年数 (必須)
売却希望時期
連絡可能日時
その他 / 情報
入力内容の確認