中古住宅人気の理由パート2!【瑕疵保険(かし保険)】

ボンジュール。アイエー住宅販売狭山支店の吉野です。最近また僕の興味を引くようなニュースを見てしまいました。そのニュースついては書きません。書かないんかい!!嘘です。すいません(笑)ちょっと書かせてください。そのニュースとは、愛知の愛・地球博記念公園がすごいことになりそうです。愛・地球博記念公園には、サツキとメイちゃんの家がありますよね。そこが完全にジブリパークに生まれ変わるような感じで、ジブリのプロデューサーと愛知県知事が会談し大筋合意したようです!!新聞などでも書かれていました。激アツですね。日本のジブリですよ。千と千尋ですよ。トトロですよ。最近の愛知県、名古屋すごくアゲアゲですね。前回のコラムでも書かせてもらったのですが、名古屋行きて??!!!!

前回のコラムと一緒でまだ、吉野のとなり空いてますよ。(笑)

ちょっと長くなってしまいました。今日は、【中古住宅人気の理由パート2】について書かせていただきます!!

中古住宅人気の理由Part2

中古住宅人気の理由パート2 

中古住宅は実際売れているの??単刀直入に言わせていただきます。売れています!!近年増えています。

中古住宅購入数

2008年度の埼玉県の中古住宅購入数は、約5,500件。近年この数字を下回ったことがありません。2015年度の中古住宅購入数は、約7,500件近い数字となっております。この数字を見てわかるように、埼玉県では中古住宅を購入される方が非常に増えています。

中古住宅人気の理由パート2 住宅あんしん保証による【瑕疵保険(かし保険)】

みなさん。瑕疵保険(かし保険)というものをご存知ですか?ざっくり言うと中古住宅を安心して購入できる保証制度です。例えば、中古住宅を購入したとしても、雨漏りや水漏れなどがある状態で引渡しをされたら嫌ですよね?瑕疵保険(かし保険)というものは、お引渡し前に第三者が検査をし、必要な補修を施してからお引渡しという形でやってくれます。また、お引渡し後に期間はありますが住んでいて、雨漏りや水漏れがあったとしても保証が効いて修理ができます。

【瑕疵保険(かし保険)】に加入するには、建物の診断結果に基づいて加入できるかが決まります。瑕疵保険(かし保険)に加入後は、お引渡し前に必要な補修を行ってくれます。また売買やリフォーム後の予期せぬ不具合に対して補償が受けることができます。たとえば、雨漏りや水漏れなどが起きた場合補修をしてくれます。

【瑕疵保険(かし保険)】過去と現在 

中古住宅を購入した人は今までであれば、一般に買主側の保障期間は引渡し後2?3ヶ月程度で、実際に売主に補修費用を支払ってもらうことは容易ではありませんでした。現在では、保障期間が最長5年間になり、1年間で最大500万円まで保証してくれるようになりました。

他にも、例えば自宅を売却した人。自宅のリフォームをした人。このような方たちは今までであれば、せっかく自宅を売却できたのにもかかわらず買主側が、【瑕疵(かし)】について指摘をしてきた場合、売主は売主の責任として保証対応をしなければいけませんでした。現在の瑕疵保険(かしほけん)により、自宅を売却した人から、【瑕疵(かし)】に対してのさまざまな対応から解放されますし、本当に安心。という声もあがっています。

自宅をリフォームした人は今までであれば、もし、リフォーム業者が倒産してしまった場合や、リフォームを行った会社に対応してもらえなかった場合などの時は、自己負担で補償しなければいけませんでした。こういった問題にも現在では保証が効きます。リフォームしていただいたお客様から、リフォーム業者の状況にかかわらず、第三者機関が確実に保証してくれるので、絶対に安心!という声もあがっています。事前に【瑕疵保険(かし保険)】に加入していればこんなに安心です。

※瑕疵保険(かし保険)の加入には、建物診断に加えて保険料がかかります。ですがなんと住まいの再生窓口でリフォームをされる場合には、保険料はかかりません。

せっかく中古住宅を購入したとしても、不満や安心できない。などそういうような事があったら嫌ですよね。その不安を住宅あんしん保証による【瑕疵保険(かし保険)】で少しでも解消する為にも、【瑕疵保険(かし保険)】というものをきちんと理解しておくことが大事だと思います。

【中古住宅を購入しリフォームをする】という選択をされる方が年々増え中古住宅の人気上昇しているのは、このような瑕疵保険(かし保険)制度が理由のひとつになっているんだと思います。