中古住宅を探すポイント 選び方

こんにちは。アイエー住宅販売狭山支店 営業の吉野です。急ですが前まで僕モンストめちゃくちゃやっていました。最近はあまりやれていないので、頑張らなければいけないな。といった感じです。ちょっとモンストをやられていない方でないとわからないお話しになってしまうのですが少し書かせていただきます!!モンストで僕が、好きなモンスターは何体かいるのですが、やはり坂本龍馬が好きです(笑)めちゃめちゃ強いですよね!他にも、一世を風靡したテキーラちゃん。最近テキーラを使う機会が減っている中でも僕は好きです!ロキとテキーラのワンウェイレーザーは皆さん使われたとは思いますが、ロキだけ先に獣神化してしまいテキーラがおいて行かれてしまいましたね。でも最近、テキーラ獣神化というのを見て僕は・・・・キターーーー!といった感じです。もう一度、あの一世を風靡したテキーラが戻ってくるんや。と思うとワクワクが止まりません。

ちょっと、モンストをしていない人でないとわからないお話をしてしまい申し訳ありません。ですがここからは【中古住宅を探す上でのポイントや選び方】について書かせていただきます!!

中古住宅を探す上でのポイント

中古住宅を探す上での4つのポイント

ここでは、皆様に最低限おさえていただきたい中古住宅に関して大切な内容をまとめました。不動産屋さんは中古住宅のプロであることは確かですが、僕たちは建てる建物から考えて、最適な中古住宅をご提供することができます。ぜひ、これらをおさえていただいた上で、良い中古住宅をお探しください。

ポイントその1

学校の環境です。お子様が小学校に入学していて、小学校を変えるとなるとお子様はもちろん嫌がりますよね。なので、学区が変わらないようにしてあげれば、お子様も仲が良いお友達とお別れしないで済みますし、のびのびと元気よく成長してくれると思います!そのため学区エリアを決めましょう!!

ポイントその2

生活環境です。決して土地の利便性だけで決めずに、周囲を回って、住んでからのイメージが持てるようになるまで決断を待ちましょう。チェックするポイントとしては、スーパー・病院などの施設。家の前の道路状態・騒音。近隣の公園や公共施設。この3つはチェックしてください。

ポイントその3

法的規制です。中古住宅は建築当時に比べて法律改正が行われている場合があります。見た目はではわからない違法建築や不適切建築が該当する物件も存在します。それに該当すると住宅ローンが組めなかったり、金銭的な負担が発生したりしますので事前の法的なチェックが必要です。不適切建築とは具体的にどういうの?といいますと容積率・建蔽率のオーバーがあげられます。

ポイントその4

近隣トラブルです。売買契約時には、土地の権利や面積をめぐってのトラブルが起こりがちです。そうならないためにも候補地の登記簿は確認する必要があります。この確認を怠れば先順位の抵当権や仮差押え、予告登記などにより所有権を失うこともあるので注意ください。

これらのポイントをおさえていただければと思います!!!

では正しい中古住宅の選び方とは?! 

物件を購入した後、失敗をしないためには!?まず、物件で失敗しないためには、気に入った物件や購入しようとしている物件は、とにかく疑問に思ったことは僕ら不動産さんに質問攻めしちゃいましょう。その物件でしらない事はないくらいになったらもう完璧です!!物件の事だけではなくまわりの環境なども失敗しないようにしましょう。たとえば、電柱があり駐車しづらい。駅が近いが住んでみたら治安が悪かった。日当たりが悪く、お昼でも暗い。などこういった失敗をしないようにするためには、絶対に譲れないポイントや優先順位を設定することが大切です。

簡単ではありますが中古住宅を探す上でのポイントを書かせていただきました。もっと具体的に聞きたいなどありましたら、是非僕に聞いて下さい。