狭山市 中古住宅専門店 中古+リフォームの流れ

こんにちは。アイエー住宅販売狭山支店こと中古住宅専門店の吉野です。今年の気候について自分は一言、物申したいです。夏はそんなに熱くない日が続き、冬はものすごく寒い。「やめて」と言いたいです。今住んでいるアパートも本当にものすごく寒いんですよ。断熱材も劣化などするため実はリフォームの時断熱材を変えるというのもあります。断熱材は快適に過ごすためにすごく重要になっています。

中古+リフォームの流れ はじめに

中古住宅専門店 中古+リフォーム流れ

まず中古+リフォームをするにあたって一番初めにすることは、当たり前の事になってしまうのですが、中古住宅を見つける事です。そして中古住宅を見つけるときに大事になってくる所は、「立地」「車を何台置けるか、並列か縦列か」「家の広さ」等があげられます。綺麗さや間取りとか気にしなくていいの?と思うかもしれませんが、気にしなくて全然OKです。理由はリフォームをするからです。リフォームをすると綺麗になりますし、また間取りなども自分らで好きな間取りにすることができるので、中古住宅は良い立地にある大きな箱を購入するというイメージでも全然良いと思います。大きな箱の中身や外見をどのようにするかは自分らで決められるので、とりあえず中古+リフォームで最初にすることは希望エリアにある中古住宅を見つけることです。

中古住宅専門店 中古+リフォームの流れ

中古住宅でこの立地であればいいな。という物件が見つかった後は、その物件が誰か違う人にとられないように、物件購入の申込書を書きます。それと同時にリフォーム見積申込も書きます。そして僕らのリフォーム担当が物件を見に行き、お客様の希望を全部やった場合どのくらいの金額になるか見積もりを出してもらいます。それでもし予算オーバーしてしまった場合はグレードを少し下げたり、やっぱりここはリフォームしなくても大丈夫となればはぶけばいいといったような形になります。このような工程が終わったら中古住宅の売買契約+見積ご確認と工事請負契約をします。

中古住宅専門店 中古+リフォームの流れ 物件購入後

中古住宅の売買契約が終わった後ですが、実は契約が終わってすぐリフォーム工事に入ることはできないのです。その理由は売買契約をした時点ではまだ自分の物にはならないのです。お引渡しが残金時に行われるのですが、決済までに少し時間もかかるので、その間で内装の色はどういうのにするかというのを決めます。ここがものすごく楽しいです!!色選びなどが終わり、残金の決済をして、所有権移転をすることにより完全に自分の物となります。自分の物となった後リフォームの工事に入ります。そしてこのリフォームも終わって各種検査、たとえば耐震などですね。その検査などが終わって完成!!引渡しとなります。

このような流れで中古+リフォームはしていきます。色々と時間などはかかりますが、中古+リフォームの良い所は、家を購入するというよりか作っていく!!これが良い所となります。土地を購入して家を建てるというのも作っていくになってしまいますが、土地から購入してとなるとやはり金額が高くなってしまいます。その分月々の負担なども増えてしまうので、土地からでなく、中古+リフォームで月々の支払も抑えて、自分らの好きな間取り、色にして家を作っていくというのが中古+リフォームの魅力です。