狭山市のハザードマップで万が一に備える【地震編】 狭山市(埼玉県)この辺は大丈夫?

こんにちは。営業事務の野口です。このところ暑い日が続いていますね。ツイッターでは謎のメッセージcovfefeで盛り上がっているようです。謎といえば災害がいつ発生するのかを確定するのは困難。大規模な災害が起きるのか起きないのかは謎とも言えそうです。政府の地震調査委員の発表では東京都庁周辺で震度6以上の地震が起きる確率が上昇しています。そこで万が一に備えて今回は狭山市のハザードマップを再確認してみたいと思います。

狭山市ハザードマップ 地震

狭山市で大地震が発生したら・・・どの辺が揺れやすい?

埼玉県をとおる活断層は次の4つ。越生断層、立川断層、深谷断層、綾瀬川断層。この4つの活断層は将来においてM6.8以上の地震を引き起こす可能性があります。

狭山市の周辺で気になるのは立川断層

政府の地震調査委員会によると立川断層の最新の活動時期は、なんと約2万年前以降~1万3千年前。平均活動間隔は1万年~1万5千年程度であった可能性があるようです。ん?となると…なんだかそろそろ活動時期に入る可能性が無きにしもあらずなのではと思ってしまします。立川断層はM7.4程度の地震を引き起こす可能性があるとされ、今後30年以内に発生する確率は0.5~2%程度。小さいように感じますが、この数字はわりと大きい方のようです。

狭山市が想定している大規模地震は5つ

■東京湾北部地震M7.3■茨城県南部地震M7.3■元禄型関東地震M8.2(関東大震災)■関東平野北西縁断層帯による地震M8.1(深谷断層・綾瀬川断層)■立川断層による地震M7.4

大規模地震が起きたら狭山市はどのくらいの震度?

狭山市ハザードマップ(ゆれやすさマップ)によると 狭山市の震度は、震度5強から震度6弱と推定されています。

狭山市ハザードマップ 地震

上の図の色の薄いところは震度5強、緑色の濃いところは震度6弱、オレンジの部分は土砂災害警戒区域です。水富、柏原の南側や入曽や狭山台、入間川の航空自衛隊駐屯地付近などに震度6強の緑が目立ちますね。※画像は狭山市役所発行 防災ガイドマップより抜粋したものです

震度5強の地震!木造住宅への影響は?

深度5強の地震が発生したら、木造住宅にはどのような被害が起きるのでしょうか・・・。気象庁によると震度5強の地震の体感は大半の人が、物につかまらないと歩くことが難しいなど、行動に支障を感じます。耐震性の高い住宅の場合の被害は無いようです。耐震性が低い住宅の場合、壁などにひび割れや亀裂が入ることがあります。

震度6弱の地震!木造住宅への影響は?

震度6時弱の地震になるとどうでしょうか・・・。震度6時弱の地震の体感は立っていることが困難になります。耐震性の高い住宅でも壁などの軽微なひび割れや亀裂が見られる事があります。耐震性が低い住宅になると、大きなひび割れや亀裂。更には倒れるものもあります。狭山市内でもたくさんの被害が出そうですね。

狭山市内の地区別にハザードマップを確認

狭山市ハザードマップを地区別に見ていきましょう。

狭山市 水富・入間川地区

狭山市ハザードマップ

狭山市 入曽地区・狭山台 堀兼地区

狭山市ハザードマップ

?狭山市ハザードマップ 狭山台

狭山市 柏原 奥富、新狭山地区

狭山市 ハザードマップ

より詳細な地図をご覧になりたい方は狭山市防災ガイドマップでご確認下さい。狭山市防災ガイドマップ

☆☆☆

災害は起きないのが一番ですが、備えをしておくことは大切ですね!みなさんも一度ご自身の住んでいる場所をハザードマップで確認してみて下さい。

【関連コラム】ハザードマップ から考える勉強会 ?。

一時間目【住宅購入時の耐震チェックポイント】

二時間目【補助金制度を使った耐震リフォーム】

三時間目【地震保険