中古戸建の住宅ローンとは?リフォームローンとは?合わせてご説明。

こんにちは!アイエー住宅販売の新沼です。今日はなんだか無性にピザが食べたく、ピザの画像を見ながら、豚丼をランチに食べました。笑naporiピザで検索すると狭山市のお隣の入間市にお店がたくさん出てきました!

今度のお休みは入間でランチですね!!

今日の学び講座は中古戸建を購入するにあたっての住宅ローン講座

銀行さんによってローンの種類もさまざまあるのは皆さまご存知ですか?

住宅ローン・リフォームローン・マイカーローン・カードローン・教育ローン等

今回はこの中で、住宅ローンとリフォームローンをご説明いたします。

住宅ローンとはどこまでお借り入れできるの?

ではまず、住宅を買う際にほとんどの方が住宅ローンをご利用になると思います。

銀行さんによって金利もさまざまですし、プランもさまざまあります。代表的に住宅ローンとはどこまで、お借り入れが出来るのでしょうか。

一般的に住宅ローンとなりますと、ご購入する物件と諸費用(登記費用・火災保険・保証料・仲介手数料・固定資産税等)が主にお借り入れの対象となります。

リフォームローンとはなんだ?

名前の通り、リフォームをする際のローンになります。今お住まいのお家をリフォームしたい!そんな時にリフォームローンをお使いになる方多いと思います。リフォームローンでもリフォームをする規模によって、プランが分かれるのはご存知でしょうか?キッチンだけリフォームしたい・・・一部だけリフォームをやりたい、そんな方には一般的なリフォームローンが適用されます。

では、大規模なリフォームをする予定の方は上記のリフォームローンなのか?違います。増改築及び住宅設備機器購入資金・耐震・環境リフォーム資金等となると一般的なリフォームローンとは違い、お借り入れ期間が延びたり、お借り入れ可能な期間が異なってきます。

住宅ローンとリフォームローンはどう違うの?

今現在、住宅ローンは最低金利と言われています。銀行さんにもよりますが、15年前の金利は約3.24%、今現在0.625%(平成29年4月30日現在)になります。パーセントで言われてもピンとこないと思いますので金額でご説明します。

15年前の金利で2,500万円を借りて35年で返済すると返済総額は4,182万8,703円です。なんと1,682万8,703円も利息をお支払いしなければなりません!では、現在の金利で2,500万円を借りて35年で返済すると返済総額は2,784万0,470円になります。利息分は284万0,470円になります。15年前と比べても1,398万8,233円も違いがあります。車何台分になるでしょう!汗

金利が変わるだけで、こんなにもお支払いする金額が違うんですね。

では、リフォームローンはどうなの?と気になる方もいると思われます。リフォームローンはといいますと、住宅ローンの金利より高くなります。(銀行さんによる)

ギョエーーーーーーーーーーーー!!!

中古戸建+リフォームのお得な買い方!

では上記にリフォームローンが住宅ローンより金利が高いお話をしましたが、中古住宅を買う際にリフォームが必要になることが多くあります。そんな時、リフォームは金利が高いからできないのであれば、やだわ!となる方もいらっしゃると思います。ですが、ここで知ってるとお得!!

当社では、リフォームも一緒に住宅ローンの金利でお借り入れできます!!

え?え?え?

ってことは、住宅ローンの最低金利でリフォームも出来ちゃうってこと??

そういうことです!(`・∀・´)エッヘン!!

2,000万円の中古住宅に500万円のリフォームを、通常ですと返済総額3,065万0,058円(銀行さんによる)。

ですが当社プランですと、2,784万0,470円でご物件+リフォームが出来ちゃいます!!

280万9,588円もお得になります!!!これこそ車一台分お得になります(^^)/★

このお得プランのご提案を是非当社のスタッフと一緒に考え、素敵なお住まいをゲットしましょう!!!