住宅購入後にかかるお金と貯金・節約テクニック・固定資産税編

こんにちは、狭山のパリジェンヌこと新沼です。フランス大統領選、非常に興味深い結果となりましたね。若干39歳で国のトップになるなんて、なんて革命的なんでしょう。さすがおフランスですね。マクロン氏の今後の動向には非常に注目ですね。

さて、本日は住宅購入後、他にどのくらいお金がかかるの?と言うよくある疑問についてお勉強会を開いていきたいとおもいます。

住宅を購入後にかかるお金は?

・住宅を購入後にどのようなお金がかかるのか

・ローンを払いながら、節約術

この2点のご説明をさせて頂きます。

住宅購入してからのハッピー生活を送るには・・・

お家を購入したのに、苦しい生活はイヤですよね・・・。お家は新しいのに、家族旅行に行けない。新しい家具・家電製品が買えない。そんな損はしたくない方に必見ですので、是非、ここで学んで頂いて、賢い住宅購入とハッピーライフを手に入れてください。

住宅購入後にどのようなお金がかかるのか

まず、住宅購入時にも諸費用等掛かるご説明はさせて頂きましたが、住宅購入後にもお金って実は掛かります。賃貸だった方ですと、大きくプラスされるのが、固定資産税になります。固定資産税といっても地域によって金額はさまざまです。

毎年4月ごろに納税通知書が送られる

固定資産税・都市計画税は、家や土地など不動産の所有者にかけられる税金(市町村税)になります。ここまでは皆さまも知っていられると思います。

その税金とは…

税額は、市町村が「土地」と「建物」の「固定資産税評価額」を決めて、その金額に一定の税率をかけて計算されます。毎年1月1日時点の所有者に、4月ごろに納付通知書というものが送られてきます。そこに書かれた期限までに納めるのが一般的となりますが、一括だと厳しいという方は、年4回の分納も可能になります。
なので、購入時、固定資産税清算金として、購入した年は売主と買主で日割り計算の精算となります。

 

住宅ローン返済【ローンを支払いながら、節約術】

お家購入出来たが、ローンのお支払いで生活が厳しくなるのは、絶対イヤ!そんな方が大多数だと思います。3,000万円の住宅ローンをお借り入れした時、月々約8万円になります。これからお子様の学費・車の車検・家族旅行・・・。出費は出ますので、賢くローンの返済、貯金をしていきたいですよね。ここで節約術を伝授しますので、メモかブックマークをお願い致します。

【繰り上げ返済】を節約しよう!

ローン返済には、毎月の返済のほかに、「繰り上げ返済」という方法があるのは、皆様ご存知でしょうか?例えば、ボーナスの一部をローンの返済に充てようかしら、と思いましたら、毎月返済しているローンとは別に、ローンに充てられます。

繰り上げ返済したお金は、すべて『元金の返済』になりますので、返済した分の利息が節約出来るのです!!

現在、低金利と言われていますが、その利息さえ、もったいないと思う方も多いと思いますので、こんな節約術があったとは(; ・`д・´)?

さらにポイント!☆

繰り上げ返済は早い時期に行うほど効果が大きいのです。ローンの種類や金融機関によっては、出来ない場合がありますので、今から計画的にしておくことをオススメ致します。

また、ローン返済中の方は、確認しておくことをオススメ致します。わからないことがありましたら、土日祝はローン相談会を随時開催しておりますので、お時間ある方はご相談しに来てください(*´▽`*)!

相談会開催中!

土日祝の随時イベント・ローン相談会を開催しております!!イベント予約をして頂くとクオカードプレゼントも行っていますので、イベント予約をチェックしてみてください。

※事前予約をして頂くと、スムーズにご案内・相談を行えます。

イベント予約フォームはこちら