旦那様を買う気にさせる方法!第二弾

こんにちは!ちびっこ店長です( `―´)ノ前回は旦那様を買う気にさせる方法をご紹介させて頂きましたが、今回は第二弾!!夏休み・お盆休みをご家族で過ごす時間が多くなると思いますので、チャンスですね(^^♪是非ご参考になればと思います。

家族

買う気にさせる8つの交渉術

前回は4つご紹介させて頂きましたので、今回はあと4つご紹介させて頂きます!前回は少しその気になっているが、旦那様がまだ不安になっている場合が多い時のケースをご紹介しました。今回は、あと一押しなのに・・・。最後の最後に「やっぱりやめた」と言われないように、説得方法を伝授します( ˘?ω?˘ )

あと一押しのはずが・・・後悔しないためには

旦那様の不安も理解してあげないといけませんね。そんな旦那様はどんなことを不安に思うのでしょうか。4つあげてみます。直接聞いてみるのもいいかも知れませんが、代表例として、参考にしてみてください。

旦那様の不安【解決のカギは奥様】

よくある不安4ケース

ケース1:35年もローンを払い続けるのか

ケース2:通勤が不便になるのはイヤだな

ケース3:もっといい家があるはず・ここはちょっと

ケース4:今は買い時じゃないかも。2~3年待とう

この4ケースが一番多くお声を頂きます。はじめは皆様住宅を買うのは不安だと思います。少しでも不安を無くして、楽しく住宅を探したり、購入して頂きたいのです!

ではそんな不安を解決する方法は?【解決のカギは奥様です】

では、どう解決していったらいいのか・・・。

ケース1:賃貸住まいと比較して買うメリットを伝えましょう。ずっと賃貸なら、35年どころか一生家賃を払い続けることになります。どうせなら、自分のもの、転々と引っ越し費用・更新料がもったいないと伝えてみましょう。住宅ローンは短期間で返した方が総額が少ないので、「繰り上げ返済」がおすすめです!

ケース2:いろいろ見続ければ優先順位が変わることもあります。いろんな物件を見ていくと、通勤の利便性よりも、広さ・日当たりを重視するようになるかもしれません。家族にとって魅力的な物件ならば、通勤が不便でもいいかとなる可能性も( ;∀;)

ケース3:選択肢を絞り、決めやすい状態づくりが大切です。人は選択肢が多すぎると選ぶことが難しくなります。もう一度家族の希望条件を整理して候補を絞ってみましょう!また、お子様の入学までにと期限を区切るのもいいかもしれません(^^)/

ケース4:様子見している間の家賃がムダを気づかせましょう!数年後に買いやすくなるという保証はありません。3年後に買うとして、その間に支払う家賃[家賃8万円×12か月×3年=288万円]そのほかに更新料も!と先延ばしコストを指摘してみましょう。購入すれば月々の支払いはほぼ同じで、より広い家に住むことができると説得してみましょう!

住宅を買う方皆様いろんな不安を抱えて、探し始めます。ですが、少しでも不安を取り除いて、楽しく生涯一番高いお買い物をしてみましょう!